水だけでは太らないのに水太りとは?

水だけでは太らないのに水太りとは?

水太りという言葉はよく耳にします。

これは、水を飲むと太るとは意味合いが違います。
もともと、カロリーゼロの水は、いくら飲んだとしても体重には反映しないと言われています。

たいていは、体内を通って尿や汗として排出されてしまいます。
水太りの正体は、新陳代謝が悪く水の排出がうまくいかずに、体内にとどまってしまうことが原因とされています。
本来は、汗になるはずが、汗をかくことをしないとか、尿になって出ない、
新陳代謝がうまくいかずに体内に余計な水分がたまってしまい、水太りの症状が出てしまうとされています。
具体的に言うと、座りっぱなしのデスクワーク、立ち仕事、
同じ姿勢で長時間過ごしている方などは、いわゆる水太りになりやすいとされています。

これは、リンパ管のはたらきが悪くなっていて、排出機能がうまくいっていないことで、体内に水分が溜まりやすいです。
だからと言っても、水太りを予防するために、
このような方が水を飲まないと、悪循環で余計水分が溜まりやすいと言えます。
水太りの改善と予防はとにかく排出を良くすることです。
汗を出す事が大切で、それには動く、運動をすることです。
予防としては、体を冷やさない、糖分の摂り過ぎに注意する、冷たい飲み物をがぶ飲みなどをしないことです。

水太りは、冷え性の方に多いとされています。

水だけでは決して太ることはありません。
ですから、安心して1日2リットルは最低限飲むことが大切です。
その上で、運動などをして、余分な水分排出をしましょう。