靴下の跡が消えないほどのむくみ 改善策は?

靴下の跡が消えないほどのむくみ 改善策は?

一日仕事をしていて、帰宅後靴下を脱いだ時に、靴下の跡がくっきり、なかなか消えない事があります。
その仕事内容が、立ち仕事だったり、デスクワークの方の場合、むくみが生じていると考えられます。
長期間、同じ姿勢でいるので、水分が重力の影響で下に下ったまま、上に上がることができずに、むくんでいるとされています。

靴下のゴムがきつい時には、足に痛みも感じることがあります。
だるいなと思った時点で、これは足のむくみと察してください。
ということで、原因がわかって時点でどうしたら良い?ということですが、ふくらはぎの筋肉を動かすことです。
筋肉が動くことで、リンパの働きが良くなって、水分を上におし上げることができ、水分を排出することができます。

HT135_350A

もちろんリンパマッサージもその一つです。
ですから、靴下の跡が消えないというふうになるまで、
むくみを放っいおかないで、仕事の合間などで、ふくらはぎを動かすことをしてみてください。
夕方のむくみの内容が変わってきます。
具体的には、立ち仕事の人はトイレなど人のいないところで靴を脱いで足を動かす。
デスクワークの人は周りの人デスクの下でつま先立ちをするなどです。

立ったこれだけの工夫で、靴下の跡が消えないほどのむくみを防止することができます。同時に行って欲しいのが、体を冷やさないことです。
体が冷えることで、血液やリンパの流れが滞る事になり、老廃物の排出がうまくいかなくなります。
むくみの改善するにはリンパの流れや血液の流れを良くすることが何よりも大切になってきます。