末端冷え性とは? ポイントは筋肉

末端冷え性とは? ポイントは筋肉

末端冷え性とは、手足が常に冷たい症状です。
冬にそのような症状になるのは理解できますが、末端冷え性の方は夏でも冷たい状態が続きます。
ですから、真夏の靴下、手袋が必需品になります。
末端冷え性のメカニズムでポイントになるのが、血液と酸素の関係です。
血液は心臓からは酸素をたくさん含まれている暖かい状態で身体中に送られます。

血流が良い時には、そのまま温かな血液ですが、ストレスやドロドロ血液の場合は、血流が悪くなります。
そして、手足、末端まで血液が届かない状態になります。
ですから、いつも手足が冷たい末端冷え性になります。
その結果、真夏だというのに、体は暑いのに、手と足が冷たいという不思議な状態になります。
また、体調が悪いと、臓器に血液がいって、末端に血液がいかなくなることもあります。

HT110_350A

体が冷えるというだけではなく、臓器障害のせいで、末端冷え性になってしまうこともあります。
そんなことに気が付かず、ストレスが加わることで、血液ドロドロになってしまい、末端冷え性がひどくなってしまいます。
この原因として考えられるのは、筋肉不足です。
脂肪を燃焼させて熱を作る、その熱で体内に血液は温められ筋肉に送ります。

血液の中には酸素が含まれていて、それが熱を発生させることになります。
女性に末端冷え性が多いのは、筋肉が少なく脂肪が多いからです。
脂肪は、冷え性を助長します。
ですから、どうしても女性に末端冷え性の方が多いのも納得です。