色々あるプラセンタ!どの種類を選ぶのがおすすめ?

色々あるプラセンタ!どの種類を選ぶのがおすすめ?

私もそろそろプラセンタを飲み始めようかしら…そう考えているとプラセンタを選びたいと思いますよね。しかし、プラセンタにも色々な種類があります。
プラセンタの総合的な効果としては大差はありません。ただし、効果が高いか低いかはプラセンタの原材料となるものが重要です。

色々なプラセンタがありますので、プラセンタを選ぶうえでも参考にしてみてください。

dai-0337

【馬プラセンタ】

近年大人気の馬プラセンタ。馬のプラセンタは、年に1度、1頭につき1回のみの出産なので、凝縮された高良質なプラセンタが抽出されます。
馬はとてもストレスに敏感な動物なので、血統から飼育まで厳しい管理の元育った馬のプラセンタが抽出されます。

一番高いものでサラブレッドのプラセンタがありますが、効果はとても高いですし、価格も高めです。
馬には、人のアミノ酸と近いアミノ酸を持っていて、人肌に馴染みやすいのが特徴です。
また、豚と比べるとアミノ酸の含量は300倍ともいわれています。

【豚プラセンタ】

豚プラセンタは年に2回、1度に10頭前後の子どもを産むため、
プラセンタエキスを大量に抽出することができます。そのため、安価で手に入りやすいのが特徴です。

ただ、病気にかかりやすい動物なので、ワクチンなどを投入されている場合があります。
品質的には馬とくらべて落ちますが、SPF豚などであれば管理体制が行き届いているので、選ぶならSPF豚がオススメです。

【ヒトプラセンタ】

医療機関のみでのプラセンタ注射の原材料として使用されていることが多いです。許可を得て安全で健康な妊婦さんから抽出したものです。保険適用ができますし、安全性は高いですが、価格がとても高いです。

【植物性プラセンタ】

植物の胎盤にあたる、胎座から抽出されたプラセンタです。まだまだ研究途中のため、豚や馬などの成長因子としては落ちますが、価格はそんなに高いというわけではないようです。

プラセンタの情報をCHECKするならプラセンタちぇき