二日酔いとむくみの関係

二日酔いとむくみの関係

飲み会の次の日に、顔にむくみか生じることがあります。
お酒を飲むと、アルコールが体内にめぐります。
その時に同時に代謝をしているのですが、自分の代謝の限界を超えた時、アルコール代謝の途中でアセトアルデヒドが発生して、二日酔いの症状が出ます。
個人差はありますが、むくみもその一つです。

むくみは、新陳代謝がうまくいっていない証拠ですから、二日酔いによって新陳代謝ができなかった証拠と言えます。
アルコールを代謝する時には、大量の水分を使用しますが、排出物として水分の放出します。
それを体外に排出することができずにむくみになります。

GG032_350A

二日酔いで運動と言うのは辛いですが、その辛いに耐えて、大量の汗などをかくと、むくみも二日酔いも解消されます。
お酒を飲むと利尿作用で、たくさん水分が排出されて、むくみは生じないと思うところですが、これはアルコール代謝ででた水分であり、まだまだ不足していることになります。
体が正常な代謝になるまで、むくみは消えないのですが、それまでしっかりと水分を摂るようにしてください。
二日酔いも時間が経つとだんだん治まってきて、水分を飲んでもむくみがあまり起こらなくなります。

二日酔いでむくまないようにするには、お酒の飲み過ぎに注意するとともに、つまみに脂っこいものをあまり食べないことをおすすめします。
代謝活動をあまりしないもの、消化の良いものを食べたほうが、むくまないとされていますが、何よりも飲み過ぎないことがいちばんです。