夏のむくみの原因と対処法

夏のむくみの原因と対処法

夏はむくみやすい季節だとされています。
これは血液の流れと非常に関係が深いです。
気温が高い夏は、血管が広がりますから、たくさん血液が体内を駆け巡ります。
ということは、同時に血液内の水分も増加していくことになります。

血液の流れは一方的ではなく、細胞に栄養を届けたあとには、必ず老廃物を持って戻ってきます。
この時に水分も多くなってしまうと、元に戻れなくなって、むくむ事になります。
夏は水分が多くなってしまうと言うのは、暑くて水を飲む機会が増えることも原因の一つです。
それが全て汗になってしまうのではなく、体内にたまってしまうことも要因です。

GG044_350A

そんな時には、足をたくさん動かすことで、反対に水分の流れが良くなっていきます。
と言っても、夏に足を動かすのも暑いし、疲れることになりますが、対処法として一番効果があります。
また、むくみが気になる時、夏に喉が渇いた時には、温かいものを飲むことです。
冷たいものを飲むと血流が悪くなりますが、温かいものは影響は少ないとされています。

あとは、夏にむくみを感じた時にこそ、熱いお風呂に入ることです。
新陳代謝が高まって、暑いですが、むくみ解消ができます。
夏は、つい冷たいものをたくさん飲んでしまうことが多いですが、それがそのままむくみにつながると思ってください。
足の筋肉を動かす事も有効ですから、しばらく歩くこと、これも効果的です。
暑い夏に筋肉を動かす事、大変ですが試してみてください。