座りっぱなしはむくみの原因 対処法はいろいろ

座りっぱなしはむくみの原因 対処法はいろいろ

デスクワークなど座りっぱなしでもむくみを生じます。
むくみは、人間の体が“っぱなし”の状態であることが原因のことが多いです。
立ち仕事、ハイヒールなどのずっと長いこと同じ状態で、筋肉がつかれることで起こるとされています。
これはすべて血行が悪くなっていることが要因として大きいです。

座っている状態と言うのは、足の付け根部分に老廃物がたまってしまいます。
その上、足はずっと下になっていることで、あまり動かすことがないと、筋肉も疲れますが、血行も悪くなってしまいます。
たいてい、デスクワークをしている方には、1時間に一度は、
姿勢を変えたり、体操をすることが勧められますが、それは、血行をよくするためです。

これをするだけでも大きく違います。
また、むくみ防止のために冷たいものを飲まないこともおすすめします。
体が冷えると血行が悪くなってむくみやすくなります。
クーラーが効いている部屋にいる時には、少し温かい格好をすることもむくまないポイントになります。

足を組む癖がある方、これがむくみの原因になっているのは大きいです。
足を組むと、骨盤の歪みを生じることになります。
座っている事自体骨盤には影響がありますから、足を組むことは、最大に悪いことと思ってください。
癖になっている方は、今すぐ中止することでむくみの改善ができることもあります。
デスクワークの時には、座りっぱなしの時間を少しでも減らすこと、これが何よりも改善策になります。