朝から顔パンパン さあどうする?

朝から顔パンパン さあどうする?

顔が太ったのではなく、むくみでパンパンになってしまうのは、たいてい朝の出来事です。前の日のツケです。
体のむくみは寝ている間に顔に集中してしまうとされています。
パンパンの顔は、メイクをしていると憂鬱になってこともありますから、一応解決をすることがポイントです。
マッサージも良いのですが、熱いシャワーなどを浴びて、体を目覚めさせてください。

そして、熱いタオルと冷たいタオルを交互に顔につけることで、血行を良くすること。
これだけでもパンパンの度合いは小さくなるとされています。
それからメイクということになります。

飲み過ぎた朝などは、必ず顔がパンパンになってしまうという方は、飲み過ぎ厳禁です。
日頃から運動習慣がある方は、ある程度のむくみ防止ができるとされています。
ですから、運動習慣をつけておくことも顔のむくみ防止になります。
顔がむくむことは、足の筋肉疲労が原因とされています。

HT100_350A

立ち仕事の方やハイヒールなどを常に履いている方は、必ず、足のマッサージをしてから練るようにすることも顔パンパン防止になります。
むくみ防止のサプリメントなどもありますから、危ないなと言う時に飲むようにするのも良いでしょう。
カリウムが多い野菜や果物も、むくみ防止に良いとされています。

リンゴやバナナといったものを食べると、カリウムを摂り入れることができます。
水分はある程度は良いのですが、飲み過ぎは注意、
そして冷たいものはむくみの原因になりますから、温かいもの飲む習慣をつけましょう。