メリロートの成分クマリンがむくみを改善

メリロートの成分クマリンがむくみを改善

メリロートは、むくみ解消のサプリメントに含まれている植物です。
ヨーロッパなどではおなじみのハーブで、特徴として甘い香りがします。
料理ではスパイスとして利用していますが、薬としては頭痛や消化不良の改善にも活用されています。
日本では、食用よりも下半身のむくみ改善として飲用されることが多いです。

メリロートの成分は、血液がリンパ液や血行を良くするクマリンが代表的です。
他にサポニンは、肥満防止のサプリとしても有名ですが、メタボにも効き目を発揮し、
スセチンは、血液のコレステロール値を抑え、糖尿病や高血圧の予防として使用されています。
ですから、メリロートの含まれているサプリメントを
手にするときは特にクマリンの含有量もチェックすると良いかもしれません。

摂取量の目安は、1日メリロート300mg、クマリン4%以下とされています。
むくみの改善と予防はメリロートのクマリンが決め手です。
血液の流れを良くしてリンパ液や血液の水分の滞りをなくしてくれます。
メリロートの副作用については、頭痛、胃腸のトラブル、けん怠感、肝臓の機能障害などが起こるとされています。
副作用は、サプリメントの規定量を守っていればよく、症状が出た時には、摂取を中止してください。

クマリンは、血液をサラサラにして、血行を良くするとされています。
ですから、血液がサラサラしすぎると都合の悪い薬を服用されている方は、
メリロートのサプリメントの服用は危険なこともありますから、必ず医師に相談をしてください。