白いんげんでむくみの改善と防止

白いんげんでむくみの改善と防止

白いんげんは、いんげん豆の一種で、大福豆とも呼ばれています。
豆全般の栄養はとても高く、むくみ改善のためのカリウムはとても豊富に含まれています。
その他ビタミン、食物繊維などが含まれています。

むくみ改善・予防の食材として、カリウムと食物繊維の存在が認められることで期待ができます。
白いんげんに関しては、その基準をらくらくクリアしていることから、普段からおかずとして食べることをおすすめします。
ダイエットの効果があるとされているのは、ファセオラミンの存在です。

HT177_350A

食べたデンプンがブドウ糖になるのを阻止するはたらきがあります。
むくみとの関係では、カリウムばかりが注目されるのですが、水太りなどの予防としても白いんげんは効果ありです。
ブドウ糖にならないとともに、体内にある余計な水分を出すカリウムのはたらきは、むくみを防止してくれます。
ちなみに、アメリカでは、白いんげんで本格的に低炭水化物ダイエットが注目されています。

食べ方はいろいろですが、食べ過ぎは要注意です。
副作用として、下痢やおう吐などの症状がでます。
下痢に関しは、豊富な食物繊維の影響です。

タンパク質も豊富ですが、脂肪分も多いとされています。
海外では、豆を主食にしている国も多いですが、白いんげんのように栄養価が高い物が多いです。
カリウムを含むむくみに効くものですが、他の食材との食べ方には注意してください。
塩分の多い食材を食べる方には、一緒に食べることで余計な塩分を排出することができます。